三毛猫は笑う
三毛猫は笑う
成人向アフィリエイトOK
発行者:MEI
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理
シリーズ:三毛猫シリーズ

公開開始日:2010/06/21
最終更新日:2010/06/26 23:54

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
三毛猫は笑う 第3章 執筆中


甲高い悲鳴の中、H.Bの4人は階段を降りていく。



スポットライトの眩しさに目を一瞬細めながらも笑顔は崩さない。



某有名音楽番組のゲストとして呼ばれた4人。今回のメンバーの中では主役ともいえる。



むろん、客席からの歓声も凄まじい。



他メンバーの曲も終わり、H.Bの番がやってくる。



4人がステージに立つと歓声はなくなり静寂が生まれる。



静かな中、純也が小さなビートを刻み始める。



次第に大きくなるリズムに実のベースが重なる。



さらに重なる要のギター。頭を振って音楽にのる。



スタンドに手をかけ目を閉じている俊介の瞳が開いた瞬間、『歌』が始まる。



不器用なラブソングを俊介の掠れたセクシーさを感じさせる声が紡ぐ。



何人かのファンの女の子は胸元のシャツを握る。



切なさと甘さが胸をしめつける。



こんなふうに思われたい。



皆がそう思う。



手を伸ばせば届きそうなのに、届かない。



この距離がもどかしい。



静かに終わる歌。



4人が瞳を合わせ頭を下げると拍手が沸き起こる。



観客の反応に4人は満足げに微笑んだ。



15
最初 前へ 9101112131415 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ