三毛猫は笑う
三毛猫は笑う
成人向アフィリエイトOK
発行者:MEI
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理
シリーズ:三毛猫シリーズ

公開開始日:2010/06/21
最終更新日:2010/06/26 23:54

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
三毛猫は笑う 第2章 新マネージャー
要は拓海の前に立ちニコリと微笑んだ。



「本郷 要です。これからよろしくお願いします!!…拓海君て呼んでもいいかな?」



首を傾け拓海の顔色を伺う。そんな仕種がファンにはたまらなく可愛いと見えるらしい。



「どうぞ。好きなように呼んでください。」



薄く笑った拓海に要の頬は赤く染まり、嬉しそうに笑う。



次に拓海に近づいたのは実。



「えっらいべっぴんさんだよなタクちゃん。」



「タクちゃん…。」



「拓海君のあだ名。嫌だった?」



「いえ。可愛いらしいあだ名だなと。」



「ならよかった!!僕は沢田 実。よろしく、タクちゃん!!」



拓海の手を握りブンブン振る実。



「うおっ!!純ちゃん?!」



実の手を横から振り払った純也は、実の抗議を無視し拓海の前に立つ。



「如月 純也。よろしく。」



ポン、と拓海の頭に手をおく。



身長差のありすぎる二人。



「ちっさ。」



ぽつりと呟いた純也。拓海は一瞬だけ表情を歪ませる。



純也は片方の口角をあげて笑った。



「気にしてるんだ。」



「…してません。」



「ふっ。おいチビ。」



最後に話しかけてきた俊介は、自分が動くでもなく拓海を呼び寄せた。
12
最初 前へ 9101112131415 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ