三毛猫は笑う
三毛猫は笑う
成人向アフィリエイトOK
発行者:MEI
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ミステリー・推理
シリーズ:三毛猫シリーズ

公開開始日:2010/06/21
最終更新日:2010/06/26 23:54

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
三毛猫は笑う 第2章 新マネージャー
入ってきたのは半袖半パンという軽装の男。



パッと見、ただのおじさんにしか見えないが、まぎれもなくH.Sが所属するミナミ芸能の社長、南 豊耀(みなみ ほうよう)である。



「よっ!!皆相変わらずカッコイイな!!俺の次にだがな!!はっはっはっ!!」



「そんなことより、社長。俺らなんで呼び出されたわけ?」



「俊介!」



社長にたいして軽口を叩く俊介に要は慌てて止めに入る。



「ん?おまえらに紹介したいやつがいてな!!カモン!!」



要の心配をよそに豊耀は気にとめておらず、パチリと指を鳴らした。すると、先程豊耀が入ってきたドアが再び開く。



入ってきたのは背が低めで、顔は可愛いとも綺麗ともとれる中性的な顔をした男だった。



一瞬皆が見惚れる。



豊耀はチラリと皆の様子を見るとわざとらしく咳ばらいをした。



「彼はおまえらの新マネージャー、河合 拓海(かわい たくみ)だ!!」



「は?石井はどうなんだよ?!」



聞き捨てならない内容に俊介がすぐさま反応を示す。



「もちろん、石井にも今まで通りおまえらのマネージャーをやってもらう!!河合ちゃんには見習いとして入ってもらう。なにしろ彼は新人だからな!!」
10
最初 前へ 78910111213 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ