‡ヴァージン・ナイト‡
‡ヴァージン・ナイト‡

発行者:冴葉
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/06/21
最終更新日:2010/11/25 13:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
‡ヴァージン・ナイト‡ 第1章 1st stage



起きて、と黒スーツに肩を揺すられて、寝ぼけながらも「はぁい」と間抜けた返事をした途端に、停まった車から、今度は放り出されるように、外に出される。

つんのめるようになった体を起こすと…。
目の前に、馬鹿でかいお屋敷がそびえていた。
白い壁にレンガのような風合いを備えた洋風建築。
どこかレトロな風合い。
…それは避暑地の別荘のように、絵にかいたような、洒落たものだった。

ぼぁっと口を開けてそれを見上げている。
まだ、夢のような気がしていた。
夕暮れが差し迫って少しだけ赤く染まった、白いお屋敷をまじまじと眺める。

なんだこれ……。

そこで、ようやく愕然としてきた。
脳の回転がまるで追いついてこない。

けれど、なんだかマズイような気がして、せめて車に戻ろうと、慌てて踵を返すと、それを阻止するかのように、(けれど私の戸惑いなどお構いなく)、運転席にいた黒スーツたちが私の両脇を抱え込んだ。

5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ