‡ヴァージン・ナイト‡
‡ヴァージン・ナイト‡

発行者:冴葉
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/06/21
最終更新日:2010/11/25 13:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
‡ヴァージン・ナイト‡ 第2章 2nd impact

「目が合って、スキンシップして、喧嘩して、ちゅう、だろ。んで、さらに仲直りのえっち、って感じだろ?」

「一番最後余計!! 蛇足!!」

もう真っ赤になりながら、必死で抗議。

ゴツゴツと何度も肩を殴るものの、男はびくともしないし。
ニヤニヤ笑うだけ。

もう、馬鹿伊織!!

「なんでだよ。本気でわけわからんな」

「なんでヤることばっか考えてんのよ?! テーマは胸キュンだっていってんでしょーが!!」

「…ますます分からん。どうせ行きつくところは同じなのに」

「過程が大事なの!! そこに至るまでの過程が!!」

「……ちなみに、どんな状況ならその胸キュンとやらになるんだよ」

ふと、真顔になった伊織が、私の顔を覗き込んだ。
できるだけ距離がつまらないように、と私は頭をそらしながら、
少し思案した。

―――胸キュン的、状況?
って、なんだろ……。


48
最初 前へ 42434445464748 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ