‡ヴァージン・ナイト‡
‡ヴァージン・ナイト‡

発行者:冴葉
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/06/21
最終更新日:2010/11/25 13:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
‡ヴァージン・ナイト‡ 第2章 2nd impact



「うん! そうだね?! でも、お互いのためにこうゆうのはナシにしようよ!」

グググ…、と必死で伊織の顔を押し戻す。
その反作用みたいに、ギリギリと力を込められて、もっと距離をつめられて。
お互い、息もできないくらい必死になって、押し合いを続けている。
ハタから見たら、相当馬鹿みたいなポジション争い。

「俺、お前に100万出してんだぞ。今時の相場知ってるか? 制服着てたって、せいぜい3~5万だろ」

「そ、そんな安売りはいけないの!! というか、値段つけちゃだめなの! 反省してるから! …ち、近いって、もう!! もう少し離れてったら……!!」

「…お前な。あんまり抵抗すると…………縛るぞ」

……え。
えぇ?!

さぁっと音が鳴るくらい、血が下がった。

その隙をつかれて、シュッと制服の胸元のリボンを引き抜かれる。
グルン、と両手首をまとめて一つにされて、器用に巻き付けられた。

それはそれは、手品みたいな、鮮やかな手際で。

「え? ちょ、う、……うそぉ?!」

39
最初 前へ 36373839404142 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ