‡ヴァージン・ナイト‡
‡ヴァージン・ナイト‡

発行者:冴葉
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/06/21
最終更新日:2010/11/25 13:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
‡ヴァージン・ナイト‡ 第2章 2nd impact



パ、とクラクションが鳴り響いた。
それを合図かのように、伊織が私を軽々と担ぎあげた。

「ちょ……っ!!」

鼻歌交じりの伊織が、私を車の中に放りこむ。
運転席には、当然のようにもう一人。
……胡織が苦笑していた。

「円架。いくらなんでも危ないよ? あんな夜道で」

「誰がこんな事態にしたのよぉ?!」

リアシートから身を乗り出して抗議すると。
自分でしょ、と胡織がハンドル握ったままで平然と言う。
苦笑まじりに、もう一言漏らした。

「………着眼点はいいんだけどな。…発想の展開がズサンなんだよねぇ」

「…? 何それ、どうゆう意味?」

「…こっちの話だよ。さ、帰ろっか」




34
最初 前へ 31323334353637 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ