‡ヴァージン・ナイト‡
‡ヴァージン・ナイト‡

発行者:冴葉
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/06/21
最終更新日:2010/11/25 13:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
‡ヴァージン・ナイト‡ 第2章 2nd impact



犬みたいに頭をぐしゃぐしゃに撫でまわされる。
バシッとそのでかい手を振り払って。
涙目になりながら、伊織に掴みかかる。

「……ず、ずるい!!! なんか、何もかもずるくない?!」

「だからハンデやったろ。ここの環境全く知りませんでした、なんていうのはお前のミスな。…拉致されてんのに寝てるお前が悪い」

「だって!! クーラー快適だったもん!!」

「あのな。普通はな、危険に対峙すると、パニックになって我を忘れるか、それとも冷静に周囲の状況を呑みこもうとするかのどっちかだよ。…でもお前、本気でぐぅぐぅ寝てたんだろ。ばーか。んでもって、この鬼ごっこを提案したのはそっちだろ」

ついでに100万処女の話持ち出したのもお前だぞ、と。

本当に余計なことまで言いだした。
瞬時に、もうこれ以上ないくらい青ざめて。
それでも、パクパク、金魚みたいに反論しようとしたとき。



33
最初 前へ 30313233343536 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ