‡ヴァージン・ナイト‡
‡ヴァージン・ナイト‡

発行者:冴葉
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/06/21
最終更新日:2010/11/25 13:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
‡ヴァージン・ナイト‡ 第1章 1st stage



お、お、お、お母さん~~~!!!!

私の意思は?!
私の意思を確認すべきじゃん?!
今朝の喧嘩のついでに、大学受験しないって言ったの、怒ってんの?!

くそ、喧嘩するんじゃなかった!!!

「こ、これも思いっ切り詐欺だと思うけど?!」

「一応、勉強はちゃんとオレたちで教えてあげるよ。それ以外にも、いろいろ。…ま、とにかく、楽しく恋愛しましょうって話」

「じょ、冗談でしょ?! 」

「まさか。君の言った通り、かなりコレ危ない橋渡ってるんだ。君のご両親が訴えたら一発アウト。でも、オレたちは恋人が欲しい、と」

「馬鹿じゃん!! 恋人なら勝手に好きなところで好きなだけ作ればいいじゃん! あんたたちなら別に困ってなさそうじゃん! 見た目、結構カッコいいじゃん!!」

そう。
確かに――カッコいい。
足も長いし、スタイルもいいし、顔立ちだって。
二人ともそっくりだけど、
胡織は、どこか甘そうな顔しているし。
伊織は、どっか野性的な感じ。

年は…20代半ばってあたり?

伊織がニッと笑った。

13
最初 前へ 10111213141516 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ