‡ヴァージン・ナイト‡
‡ヴァージン・ナイト‡

発行者:冴葉
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/06/21
最終更新日:2010/11/25 13:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
‡ヴァージン・ナイト‡ 第1章 1st stage



「じゃ、君、980万、払う?」

今度は胡織のほうが、しれっと言った。

「…――――はぁっ?!!」

「ゲームの使用料とかサーバーレンタル料とか……諸々含めて、その値段なんだよねぇ」

「あ、アレ、無料オンラインでしょお?!」

「あーあ。利用規約読まなかったな、お前。画面をスクロールしていくと最後の方にな、ちらっと書いてあるんだよ。『最終ステージまで行くと、使用料金が発生することもあります』って」

馬鹿はどっちだ、と。
ふふん、と鼻を鳴らすように、伊織のほうが笑った。

「――さ、詐欺じゃん!! 思い切り詐欺じゃん!! オマケに誘拐! あんたたち、一気に前科2犯だよ!?」

「あ。誘拐罪は不起訴かも。君のご両親の了解は取ってあるから。君のとこ、放任だねぇ」

「えぇ?! 」

「休み明けの試験があまりにもひどかったので、特別学級合宿に入れますって言ったら、了承したよ? はい、これ承諾書ね」

ぺら、と胡織のほうに、一枚の紙切れを突き付けられた。
そこには母の字で、私の名前と保護者の名前が書かれていて。
…キレイにハンコまで押されていた。

12
最初 前へ 9101112131415 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ