‡ヴァージン・ナイト‡
‡ヴァージン・ナイト‡

発行者:冴葉
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/06/21
最終更新日:2010/11/25 13:17

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
‡ヴァージン・ナイト‡ 第1章 1st stage



真後ろの男(イオリ、と言ったほう)は、ちょっと意地悪そうな笑顔を浮かべて、真上から私を見下ろしている。

ふ、双子…?!
そっくり!!
すごい! ここまでそっくりな双子、はじめてみた!!

一瞬だけ興奮したけれど、我に返って、仕切りなおすように問いかける。
あんまり刺激しないように、と肝に銘じながら。

「あ、あの…、すみません。金持ちの迂闊な遊びに、人を巻き込まないでくださいませんか……?」

できるだけ無害そうな笑顔を浮かべて、私はふたりの顔を交互に見る。
その中途半端な笑顔を受け取って、双子の片方が、やや肩を竦めるような仕草をした。

「そ。これ、遊びなんだよ。ゲームの続き」

「オマケにちょっと馬鹿じゃ話に困るんだけど?!」

気が短い、とよく言われる。
瞬間的にイラッと沸騰して、抑えようと思う前に、もうすでに怒声が出ていた。

私の態度に、にやぁ、と伊織のほうが、頭の上で笑みを深めた。

…な、なに、その笑み………!!
あ、悪質…!!

「と、とにかく! 家に帰して!!」

11
最初 前へ 891011121314 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ