お姉ちゃんSOSデート
お姉ちゃんSOSデート
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/09/25
最終更新日:2012/09/25 01:16

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
お姉ちゃんSOSデート 第10章 ☆Wデート7・小学生VSヤンキー3・「天誅!」
 程尾に言われた優子、急に赤い顔をして右手を柔らかそうな谷間に軽く当てた。その仕草が程尾をドキッとさせ勃起に誘う。

 おっぱい触りたいの? と、赤い顔の優子が震えた声で言うと、彼は今すぐこの場で相手を押し倒してビキニを剥ぎ取りたいとか想像して勃起がどんどん強くなる。そして彼はイヤらしい表情で、右手を優子の胸のふくらみを掴もうと伸ばす。

 と、その時だ。空から声が飛んできた。

 天誅! と声が聞こえたら、飛び降りてきた成美の足がヤンキーの後頭部に直撃する。程尾が前のめりに倒れると、成美はそのまま相手の頭を水に沈めてやる。程尾は友守と同じく気を失い、水に浮かんだまま起き上がれない。

 正義は勝つ! 水から顔を上げた成美は優子にVサイン。作戦通り。そして成美は自分の彼氏に、優子は弟に歩み寄る。

 「大丈夫?」成美に背中をさすってもらい、康則はちょっと気恥ずかしかった。女の子に助けてもらったこの展開、男子としては不本意。出来れば自分達でヤンキーを撃退したかった。それが出来れば少年はヒーローになれたのだろう。

 でも一方では胸がドキドキ。女の子に気遣ってもらったりすると得した気分。悪くないって思うささやかな幸せ。
20
最初 前へ 17181920212223 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ