お姉ちゃんSOSデート
お姉ちゃんSOSデート
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/09/25
最終更新日:2012/09/25 01:16

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
お姉ちゃんSOSデート 第1章 ☆ある夜の打ち明け・弟の背負ったピンチ
 小4の真治はネットでこっそりチャットをやったらしい。別に変な場所ではなかったし、相手も小4。心配事無し。。

 ところがどっこい。男子が2人だけでチャットすると女子の話が出てくる。真治ではなく相手の方がそういう話を持ち出した。

 「彼女とかいるの?」

 相手の男子が文字を打ち込んのだ。真治は正直驚いた、純真な少年は軽いショック。俺はいるよと相手が送ってきたから大変。小4で彼女がいるという相手にカルチャーショック。相手は進んでいる、自分は遅れている。

 よって真治という少年は見栄を張った。多くの男がやる見栄と言う名のウソを彼もやってしまった。

 彼女はいるよと返事。ウソつき。

 クラスの女の子と手を握った経験さえないのによく言ったもの。すると相手はどんな女の子? と聞いた。真治はここで慎重。

 本当に小4? と相手を疑った。

 すると相手は真治のメールアドレスに自分の画像を送ってきたあげく、携帯で話をしようとまで誘ってきた。そして2人は互いに小4と確認。真治は逃げられない。

 「真治、どんな彼女がいるんだ? 特徴くらい教えて」

 ここで真治はとっさに姉の優子が思い浮かんでしまう。

 「年上のショートヘアーで、結構おっぱいが大きい人……」

 真治の頭の中には完全に優子の姿があった。胸がドキドキ。

 マジで? 相手の少年が驚く。年上の女、しかもおっぱいが大きい。何と刺激的。彼は電話で言った、真治は真面目そうな感じがするのに進んでるなぁと。

 そして彼は続けて言ったのだ。話をすれば隣の地区に住んでいるのが分かったから、お互い自分の彼女と一緒に会おうと。真治は引き下がれなかったので同意。愚かな男が地獄に転落。
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ