お姉ちゃんSOSデート
お姉ちゃんSOSデート
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/09/25
最終更新日:2012/09/25 01:16

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
お姉ちゃんSOSデート 第10章 ☆Wデート7・小学生VSヤンキー3・「天誅!」
 「優ちゃん、大変だよ!」と、成美は休憩中の優子に声をかけた。ビキニ姿で座っている優子、クッとプールの方に目を向けて立ち上がる。大事な弟が撃沈している姿を見て姉が立ち上がる。

 優子は美キニ姿のまま歩いて水の中に入った。スィーコ・スィーコと平泳ぎ。大事な弟を救出するために。

 ザッパーン! 鼻血を出した康則が仰向けに水の上に倒れる。そんな小学生を見下ろしながら、ヤンキーは両手を組んで振り上げた。その時、後ろから声がかけられた。

 待った! と女子の声。

 いきり立つヤンキーが後ろを向く。すると彼は途端にドキッとして女子の谷間に目線。先ほどのビキニ女子、クッと巨乳で魅力的な女子。目の前にいるから目が吸い寄せられておバカさん。

 「何のうらみがあって年下に暴力を振るうの?」

 ビキニ姿の優子に問われ、ヤンキーはとてつもない生き恥感を味わう。そんな男が、優子の谷間ばかり見つめて叫んだ。

 「黙れ。小学生のくせにカップルとか生意気なんだよ。年上の俺より幸せとか許せないんだよ!」

 優子は右手を口に当てて目を丸くした。見た感じヤンキーのくせに人間の器が小さい、小学生の優子もビックリ。

 程尾というヤンキー、目の前の優子に蔑まれてどんどん惨めに急降下。目の前にいる胸の豊かなビキニ女子は小学6年生。それに蔑まれる自分はこの世の恥。彼は真っ赤な顔をしながら、この場で優子を犯してやろうかといきり立つ。

 「止めて欲しかったら……そ、そのおっぱい触らせろよ」

 「はい?」

 「お前の巨乳で俺を癒せ、彼氏を守りたいなら俺を乳で癒せ」
19
最初 前へ 16171819202122 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ