お姉ちゃんSOSデート
お姉ちゃんSOSデート
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/09/25
最終更新日:2012/09/25 01:16

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
お姉ちゃんSOSデート 第8章 ☆Wデート5・小学生VSヤンキー1・「小学生に彼女は生意気」
 「真治、私は上がって休憩するよ?」と優子。どうぞと返事をした弟。彼は姉の水に濡れる谷間やら揺れ具合ばかり見ていたから、ちょっと気持ちを落ち着かせたい。

 そんな真治が平泳ぎをして立ち上がったときだった。不意に後ろから頭を掴まれ水に向かって顔面を押し込められる。

 (ぅ!)水に顔面を沈められてから苦しい顔を上げさせられた。すると正面から別のもう一人に顔を掴まれ見つめられる。

 あのビキニの巨乳ちゃんはお前の彼女か?

 と言う声が飛んできた。そして険しい顔で睨まれて動揺した真治。この2人はスケベなヤンキーなんだと身の危険を感じたが遅い。早く返事をしろと、後ろの相手がそう叫んで組んだ両手を頭の上に振り落とす。

 程尾は小学生の髪の毛を掴んで水の中に沈めながら叫んだ。モテないヤンキーの魂の叫び。

 「お前に彼女がいて俺に彼女がいないのは許せない」

 同じような事を友守も叫ぶ。2人にとって優子のようなグラマー女子は憧れ。それを手に入れられないに寂しさに加えて人間が小さいので年下の少年が許せない。殺してやりたいほどに。

 真治、死にそうだと思ったら顔を引き上げられ、少し酸素を与えられてからまた水に沈められる。

 2人のヤンキーが叫ぶ。あの巨乳は俺達がもらう、お前は死ねと。結構本気の声。モテない事はこれほど男を小さくするのか、モテない僻みはこれほど人を歪めてしまうのか。
16
最初 前へ 13141516171819 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ