お姉ちゃんSOSデート
お姉ちゃんSOSデート
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/09/25
最終更新日:2012/09/25 01:16

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
お姉ちゃんSOSデート 第1章 ☆ある夜の打ち明け・弟の背負ったピンチ
 その夜の8時ごろ。

 部屋のドアがノックされた。机に向かいウトウトしかけていた優子はハッとして返事。急いで涎を拭う。格好悪い姿を弟に見られ姉の威厳を下げたくないとするプライド。

 弟がドアを開けて中に入って来た。もしかして寝てた? とか弟が言うのを聞いてムッとする。勉強してたんだよと怒る。

 「ものすごく聞いて欲しい話があるんです」

 真治は緊張した面持ちと声。真剣な雰囲気。これは話を聞いてやらねばなるまいと、弟思いの姉は椅子から離れて床に。

 白いTシャツに黒いロングスカート、そういう格好の姉は床に座布団を2枚放り投げる。1枚に正座すると、向かいに正座するよう真治に指示。大事な話は向き合ってやるが優子の流儀。

 弟が赤い顔でモジモジして胸をチラチラ見るので姉は指摘。

「胸ばっかり見てないで早く言いなさいよ」両腕を組んで胸に当てた。乙女の胸を見入るなど100万年早いとか思いながら。

 姉の顔と豊かな胸を交互に見て赤い顔の弟が話を始めた。

 
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ