眠り姫「電車の女」龍魔大戦の血族と人間の最終決戦
眠り姫「電車の女」龍魔大戦の血族と人間の最終決戦
完結アフィリエイトOK
発行者:李醒光
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF
シリーズ:15才以上閲覧可能

公開開始日:2012/09/23
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
眠り姫「電車の女」龍魔大戦の血族と人間の最終決戦 第7章 ブラックドラゴン千葉総本部の戦い
3人は総本部に攻めいる
ことにした
総本部の敷地面積は300平方メートルほど上空から見ると長方形の形をしており

地下2階まである奥に入ると男女3人が現れた

リーダーらしい40代の女が「3人で敵総本部に乗り込むなんて大した度胸ね、勇敢さは認めるけど私達6人を倒せるかしら」

「やってみれば解るぜ愚か者どもめ」

絣鳳は目に見えぬ超高速でリーダーの女に近づき
掌底をつきだす、女も超高速でかわし絣鳳の右サイドに回り込み右ストレートを右頬に叩き込む
まともに食らった絣鳳は一瞬くらつくが体制を立て直す

「口だけの男め」

「気の強い女だな、お前さんの実力を試してやる」

超高速で女に接近する
女の腹に拳がめり込む

「うっ、やるわね」

再び超高速で動き上空に飛び上がり

直線的な光が枝分かれし
前後から襲い

絣鳳の頭上から襲ってくる

だが、高速移動で上空に舞い上がり

氣を高め5指に集中させ
た氣弾を放つと女が頭からまっ逆さまに地上に落ちて行くが地面に直撃する前に体制を整え足から着地する

「たいしたものだな、普通なら頭がぐちゃぐちゃになって脳の中身がでるところだぜ」

「あたりまえでしょ、だてにリーダーやってないわよ」「ずいぶん体力が落ちてるようだな」

「まだまだ、これからよ」

二人が戦ってる間、陳瞑莉と龍香麗は部下の5人と戦っていた


陳瞑莉と龍香麗は軽やかに舞いかつ攻撃的な布陣で手下5人を次から次へと倒してゆく

香麗は思った

<あの女豪語した割にはたいしたことないわね」

氣を高め香麗は最大氣砲術である滅斬光を放つ

両手を広げ上空に飛び上がり長方形の光の集合体を地上に向けて放つと手下5人の五体がバラバラになったと思ったらチリのようになり肉片一つ残さなかった


7
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ