お姉ちゃん巨大化
お姉ちゃん巨大化
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/09/18
最終更新日:2012/09/18 00:30

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
お姉ちゃん巨大化 第4章 ☆スパーマーケット2・「魔法のキノコ・特売日」売り
 スーパーにたどり着くと、優子はそのままスッと中に入って買い物カゴを腕に持つ。一方の男子2人、彼らは足を止めていた。

「あれ見に行かないか?」

 重がスーパーの駐車場の奥を指差す。魔法のキノコ特売と書かれている。魔法という言葉に重が興味を刺激されたらしい。真治はバカらしいと思った。

 それは見るからに胡散臭い。怪しい感じの男が店主となれば、生きて帰れるのか? と思うほど危うい雰囲気。それでも少年2人はそこに足を運ぶ。

 魔法ってどういう事? 重は早速質問。

 どうせつまらないモノだろうとは思いつつ、面白い返事が来たら嬉しいなと期待。そんな素朴な質問に男が返す。

 それによると、食えば気持ちよく痩せられる「ダイエットキノコ」とか、食えば美肌になれる「ビューティーキノコ」とか、あるいは食えば男の性欲が増幅する「火の玉キノコ」とか色々らしい。全部大人向けだ。

 つまらないの、重は両腕を組んで渋る。

 全然面白くないぜと、彼は見下したような表情を浮かべる。でも男は、まだ続きがあるんだと口にして手に取る。

 
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ