お姉ちゃん巨大化
お姉ちゃん巨大化
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/09/18
最終更新日:2012/09/18 00:30

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
お姉ちゃん巨大化 第8章 ☆おっぱいに甘えてみたくて
 「このスケベ!」

 こんな風に自分に恥辱を与える弟を捕まえようと、Tシャツの中の手を、白いブラの中に入れていく。自分のふくらみと乳首に甘えている対象を捕まえる。

 しまった!

 あまりの気持ち良さに、ふくらみに甘えていた真治は即座に掴まって白いフルカップから引きずり出される。

 「あの……お姉ちゃん、怒ると美容に良くないよ?」

 「真治、よくも乙女のおっぱいに……」

 怒りに震えた姉が真治を放り投げてやろうかとした時、優子は地面に散乱していたゴミの一つ、バナナの皮を踏んだ。驚いた彼女は弟を軽く上に放って体勢を崩す。

 ちょうどその時、存分にパンチラ撮影をした重がスカートから出てきた。そして彼が上を見上げたら、上から真治が落ちてくる。

 「ぅんぎゅ!」

 真治の下敷きになった重。2人の少年が地面に転がったら、急に目の前が暗くなった。なぜなら体勢を崩した優子のお尻が真上に落ちてきたから。

 お尻!

 と、思った次の瞬間、2人の少年は下敷きにされてしまった。悲鳴が上がったと同時にキノコの魔法が解けて優子が戻っていく。2人は優子のお尻にのされて動けない。ちょっと幸せそうな顔をしながら意識を失っている。

 2人は救急車で病院に運ばれたが、相当に骨を折っていて入院が確定。

 橘高重にとって2つの不幸。まずは、せっかく命がけで撮影したネタを優子に取り上げられ完全消去された事。さらに、優子から「悪い友達」の烙印を捺された事だ。

 「二度と真治に近づかないで」と、優しくて巨乳と見つめていた優子に宣告される。真治の家に遊びに行く事さえ出来なくなった。重は思う、もう1度あのキノコが欲しいと。それさえあれば夢の続きが見られるんじゃないかと女々しく妄想。彼は求めている、あのキノコが欲しいと。
20
最初 前へ 14151617181920 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ