お姉ちゃん巨大化
お姉ちゃん巨大化
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/09/18
最終更新日:2012/09/18 00:30

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
お姉ちゃん巨大化 第5章 ☆優子の巨大化1・20m・三つ巴
 白いパンティー、それに包まれた豊かなお尻という場所。そして色白ムッチリな太もも。まるで神話の世界を覗いているようなこの気持ちは神がかり的。重は少しだけスカートを捲くり上げたまま、中に光を入れて携帯で撮影。

 一方その頃……

 かがんで地上の弟の真治を見つめていた優子が怒りの顔になった。姉の胸を見ててうっとりしていた真治が後ずさり。

 「真治、どういう事か説明して」

 姉は怒りの顔で弟を責め始めた。知らないよとウソを吐く弟に巨大な手を伸ばして掴まえようとしたが、弟はゴミ箱の後ろに隠れて顔を出す。まるでゴキブリのよう。

 姉は怒る、さっきのコーラが原因なんでしょう! と叫ぶ。でも弟は違うよと逃げる。僕も飲んだけど何も起こらないとウソ。そんな弟の足元に先ほどのコーラの入れ物。

 空っぽだ、それつまり確認のために弟に無理やりコーラを飲ませる事が出来なくなったという事。

 すると急に優子が切な気に表情をウルウルさせる。。

 弟は慌てて姉を宥めた。

 「お姉ちゃんは大きくなっても可愛いよ」と慰める。

 その慰めが逆効果になり、怒った優子が立ち上がる。驚いたのはスカートの真下にいる重る。真っ暗になって何も見えない。非常にヤバいと思い急いで携帯のライトをつけた。とにかく踏まれてはまずい、踏まれたらアリのように潰されて死んでしまうだろうから、大急ぎでスカートの中から脱出。
12
最初 前へ 9101112131415 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ