お姉ちゃんミニサイズ
お姉ちゃんミニサイズ
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/09/11
最終更新日:2012/09/11 01:58

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
お姉ちゃんミニサイズ 第2章 「スーパーキノコの特売」(刺激されてしまう心情)
 「こら、小4にもなってダダをこねるな。それと、話をする時はちゃんとお姉ちゃんの顔を見る。ずっと胸ばっかり見るのもダメなんだぞ!」

 怒った優子に頬をギュッと抓られても、それでも真治はしぶとく食い下がった。とにかくキノコが欲しいので、少年は姉の優子も自分も恥ずかしくなる事を承知でダダをこね続けた。あのキノコを手にするためなら、彼は姉に抓られても引き下がらない。

 イライラしてたまらない優子。

 スカートのポケットから財布を取り出すと、預かっている買い物費用の中から100円玉を2枚取り出す。ただし、弟には言い渡した。もし変な買い物をしたというなら、その時は許さないよと厳しく釘を刺す。小6の結構ボインな姉は、小4の弟の保護者であり母親の代わり。

 弟はそれをもらうと大急ぎでスーパーから出て行く。それを見る姉は、会計が済んだらすぐに尋問にかけようと決意する。

 駐車場の奥に戻ると、真治は先に話をしていた体が小さくなるスーパーキノコをドリンクに混ぜてちょうだいと注文した。グッと飲みやすくするため、ソフトドリンクにはコークを選ぶ。

 飲んだらすぐに効き目が現われ、効力は24時間と言われながらコークの入ったカップが渡される。24時間の間は戻れないから、その辺は上手に上手くやるようにとかも言われた。明日は日曜日だから別に問題なしと少年は思う。
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ