お姉ちゃんミニサイズ
お姉ちゃんミニサイズ
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/09/11
最終更新日:2012/09/11 01:58

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
お姉ちゃんミニサイズ 第8章 小さな姉と2人っきり4・夜中・弟は姉の体を見てみたい
 「そ、そうだ……お、お姉ちゃんのブラジャー姿」

 真治は一度でいいから見てみたいと思っていた姉の姿の一つを思い出す。見てみたい、一体どんな姿なのか。前から一度、姉の服の下のにあるブラジャー姿が見たいと思っていた。

 捲り上げたら見れる。若干話の内容がおかしくなってはいるが、紛れも無くずっと気にしていた姉のブラジャー姿である事に変りはない。Eカップというサイズを知っているわけではないが、大きい事は知っているのだから。

 ゆっくり白いTシャツを捲り上げたら、白いブラジャーのカップのふくらみが出てきた。思わずドキッとしたので、うっかり勢いよく捲くり上げてしまったので谷間がプルンと揺れ動く。

 「お、お姉ちゃんってすごい」

 思わず声が出た。と同時に、姉ふくらみが白いブラジャーに包まれている姿はどうにもたまらない。縮んでいる今でさえたまらないのだから、原寸大で見たら鼻血の出しすぎで死ぬかもと思った。

 真治、これまた先と同じだ。今の姉は身長10cmに縮んでいるので、その白いブラジャーのカップに包まれているふくらみ具合。触りたいのに触れない。姉が原寸大なら、間違いなく手でギュッと掴んでしまっている気がする。それをやりたいのに出来ないもどかしさ。

 あまりにも切ない気持ちになるから、弟は一瞬考えてしまった。姉が元の大きさに戻る前に体を縛って拘束しようかと。もちろんそんな事は出来ないが。いよいよだ。少年は手が震える。どうも指先では摘めない。姉の白いブラジャーを捲くり上げてみたいとか思うのだが、相手が縮んでいるせいで震える指先ではなかなか。気持ちがイライラさせられていく。

 「そ、そうだ……忘れるところだった」少年は携帯を手にすると暗闇モードにして眠っている姉のブラジャー姿のふくらみと谷間に近づけた。相手は縮んでいるが、こうやって近づければ問題なしの撮影になる。

 姉が元に戻ったらもう見られない。見せてくれと頼んで見せてもらえるわけはなく、無理やり見ようモノなら大変な事。

 これは決して人に見せない、見せる気もない。その代わり自分がオナニーするために使う。まずはこの画像があれば、少年は何回でもオナニーは可能だろうと思ったわけである。そして他人に見せなければ許してもらえる話であろうとも。あげくには罪悪感を持たなくてもいいだろうとさえも。

 
18
最初 前へ 15161718192021 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ