PC売り場の誘殺2(掴んでみせよう・後編)
PC売り場の誘殺2(掴んでみせよう・後編)
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/09/07
最終更新日:2012/09/07 23:34

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺2(掴んでみせよう・後編) 第11章 PC11・ボインなパーティー・夜は流れていって
 「バカ野郎、ドアを開けなきゃこっちのもんよ」

 そう言いながらドアに近づき、向こう側にいる警察の面々を罵った。Fuck
ファック
という言葉を何回も使って。

 そしてベッドの方に顔を向けた尚樹。野獣のような表情でベルトを緩めている。怯えている香に宣告、妊娠させてやるからなと。でもその時、ドアの向こうから尚樹に警告が来た。

 「森下、他の部屋に特殊部隊がいる。5分以内に彼女を解放しなければ、下からお前だけ銃殺する事は可能だ。脅しで無い事を証明するために、今から威嚇射撃をする」

 すると、強烈な音が鳴り響き、部屋の床から無数の弾丸が上がってくる。香は枕を抱いてベッドの中に潜り込んだが、床に立っている尚樹が震える。

 弾丸、弾丸の吹き上がり。それが彼の顔や体をかすめる。もしこれが一発でも股間に当たっていたらどうなるのか。尚樹は弾丸の吹き上がりが終わっても震えたまま動けない。

 こうなったら藤本 香と一緒に死んでやる! そう叫んだ彼はベッドのシーツを剥がそうとする。内側にいる香が必死に抵抗しているが、それを剥がそうと息巻く。

 彼は叫ぶ、藤本 香と交われば俺だけを狙って銃殺する事はできない筈だと。出来るならやってみろよと。

 
15
最初 前へ 10111213141516 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ