PC売り場の誘殺2(掴んでみせよう・中編)
PC売り場の誘殺2(掴んでみせよう・中編)
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/09/06
最終更新日:2012/09/06 00:24

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺2(掴んでみせよう・中編) 第5章 PC5・柴崎 藍はエンジェル・彼女のデビルなささやき
 更衣室の中、柴崎 藍は隣の香が着替えようとするのをジッと見つめて熱視線。香は冷静で何も取り乱さない、だから遠慮なくIカップの胸を見てみたいと赤裸々に直視。

 クッとシャツが左右に肌蹴て色白な体。ムッチリ、白いブラジャー、フルカップ。ここで藍は香の背中をロッカーに押し当てた。ちょっとしたドラマのHなシーンみたいに。

 「さすがIカップだよね。すごい谷間、すごいボイン」

 「そのボインって言い方は古いよ、恥ずかしいから止めて」

 「ブラの上から少し触らせて。別にいいでしょう?」

 「……少しなら」

 では喜んで。藍は右手で相手の左側の白いカップをクッと掴んだ。あぁ、すごいボリューム。この柔らかい弾力。柔らかくて気持ちいい、男が触ったらもう二度と手放せないだろう。

 「あの……あんまり長く掴まれるのは……」と、香は少し困惑した。そこで藍は少し強く、豊満なカップをギュッと掴む。香がほんのり赤い顔をして震えた。それはとってもラブリーな反応。

 それを見て藍は、香が処女だろうとますます疑いを強めた。と同時に、それなら藤本 香が処女を失うのも一興だなとワクワクする。そこで彼女は、笑顔で香にバイバイをしてから店長のいる事務室に。知っている、店長が香の豊満なふくらみに焦がれている事を。小さな声で、店長は爆乳好きのおバカさんと鼻歌。
9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ