PC売り場の誘殺2(掴んでみせよう・中編)
PC売り場の誘殺2(掴んでみせよう・中編)
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/09/06
最終更新日:2012/09/06 00:24

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺2(掴んでみせよう・中編) 第3章 PC3・2人の店長・喜びと鬱・輝きと澱み・嫉妬・攻撃・反撃
 あぁ~憂鬱だぁとか歌いたくなるのが信也店長。激怒した久美が明美を引きずってきて、散々あれこれ言ってから去っていった。明美という女子をこの場に置いて。

 話を聞けば頭が割れそうに痛い。彼は明美に対して、道を誤ってるんじゃないか? と言わざるを得なかった。

 明美、一見すると気が強そうだがすぐに両目に涙。それを見て信也は大慌て。泣かないでとか、出来れば彼女に対してだけ言いたい台詞を明美に言っている。何で店長が気を使わないといけないだろうと、彼は泣きたい。そして藤本 香が恋しい。

 彼は明美に対して、明日から注意してくれたらいいと促した。でも後で久美に、店長は甘いと自分が叱咤される事に。

 「くぅ~、藤本さん最高。たまらないね、オールハッピーだよね」と、こちらの尚樹店長はご満悦。

 それはそうだろう、PC売り場がこんなに儲かるなんて一体いつの時代だという感じだ。お客様の評判も上々、これで文句を言ったら罰が当たる。彼は目の前に立っている香を見て、この場で押し倒して求めたいとか想像してしまった。勃起しかけた。

 しかし尚樹、今は冷静に香と向き合う。まだまだ、彼にはこのグラマーな女子を食いたいという野望がある。そのためには信頼関係を作らないと。彼は目の前の香に、「お疲れさん、明日もよろしく」と、さわやかな男の笑顔で伝えた。

 
5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ