PC売り場の誘殺2(掴んでみせよう・中編)
PC売り場の誘殺2(掴んでみせよう・中編)
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/09/06
最終更新日:2012/09/06 00:24

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺2(掴んでみせよう・中編) 第1章 PC1・○△店・Boindos8の販売・明美ダメ店員・コンプレックス
 さて、そんな不毛なやり取りを見て大慌てに飛んできたのが小幡久美。ニッコリ笑って青年の質問に答える。久美の応対で納得したらしく青年が去っていく。それで久美は明美の方を見て階段の所に来い! と引きずり出した。

 真面目に仕事をする気があるの? と久美の叱咤が飛ぶ。怒れている明美、人前に出るのが嫌いとは言わない。されどもAカップの胸に宇宙的な次元でコンプレックス。接客が嫌いとは思っていないが、胸を見るなと思ってしまう。

 さらに言うと、彼女はアルバイトのつもりで申し込んだが社員として登録されてしまった。他のどの売り場に回されても同じだが、わずかに自信のあったPCを志願してこの有様。

 「バカじゃないの? Aカップとか卑屈になる年齢?」

 久美のその正論に明美がやるせないため息。素直になれない、そして態度の悪さを緩和できない。結局その日、明美は何回久美に怒られて傷ついたか分からない。そして久美は、藤本 香が戻って来て欲しいと切なくなった。
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ