PC売り場の誘殺2(掴んでみせよう・中編)
PC売り場の誘殺2(掴んでみせよう・中編)
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/09/06
最終更新日:2012/09/06 00:24

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺2(掴んでみせよう・中編) 第5章 PC5・柴崎 藍はエンジェル・彼女のデビルなささやき
 店長、ちょっといいですか? 柴崎 藍はドアを閉めると鍵をかけてそうつぶやいた。なぜ鍵をかけるんだと尚樹が指摘すると、大事な話があるんですよと理由を説明。

 柴崎 藍は店長からタバコを1本もらうと、実に色っぽく悩めかしく女らしくタバコに火をつける。フッと色気漂う噴出し。そこから性質の悪い話を切り出す。

 「店長、藤本さんのおっぱい柔らかくて気持ちいいんだ、本当に」と、まずは無邪気に振舞って刺激的な言葉。

 尚樹はこぼしたお茶に慌てながら、なぜお前が知っているんだと叫ぶ。藍は笑った、バカだなぁって笑った。女同士だから楽にくれるんですよと。でも店長は男だからダメですよねと言った後、あのおっぱいは気持ち良かったなぁとうっとり顔。

 柴崎、お前俺にケンカを売ってるのか! 店長が怒りに燃えると、クスっと笑ったエンジェルは、店長がどんなに頑張っても普通がはあの女をラブホテルに連れ込んだりは出来ませんよと天使のアドバイス。

 なぜなら藤本 香は、おそらく処女だから。そんな藍の言葉に尚樹は動揺したらしい。タバコを手にして銜えて火をつける。そして、心の中でつぶやいた。20歳のあのボインが処女とは本当か? と。一瞬ブルッと背中に鳥肌。

 私は店長の応援しますよ。藍はタバコの煙を口から吐いて宣言。興味津々な尚樹を手招きし、小さな声で言った。

 「店長の立場を有用するんです。盗撮ですよ盗撮。女子更衣室の盗撮。藤本 香はIカップだからすごいんですよ、店長はその映像とか画像で藤本 香を脅す、それでおっぱいGET!」

 
10
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ