PC売り場の誘殺2(掴んでみせよう・前編)
PC売り場の誘殺2(掴んでみせよう・前編)
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/09/04
最終更新日:2012/09/04 21:11

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺2(掴んでみせよう・前編) 第5章 PC5・トレードの対がやってきた・加藤明美
 失礼します。と、そう言って中に入ってきたのはトレードの対である。つまり香を失った代わりに得た存在。その名を加藤明美というらしい。明日から働いてもらうのだが、店長と少し会話。

 加藤明美。彼女はスレンダーな体型とロングヘアーな黒髪だ。そして貧乳。

 う~ん、どうも雰囲気が良くない。そう思った信也は明美に対して、何か機嫌でも悪いの? と問うてみた。

 「別に……こういう顔だし、こういうキャラクターだし」と、笑顔も何もなくその返し。藤本 香と比較すれば、まるで水気を絞りきったタオルみたいなモノ。でも信也はもう少し話をしてみる。君はパソコンとか好き? という具合に。

 「パソコン? 普通かな、っていうかBoindows7しかやった事がないし、Mecなんか興味ない。あ、ネットでゲームはよくやる」

 らしい。その返しに信也は、君はPC売り場でお客さんに接するわけでアドバイスも求められるのだよ? とたまらず注意。いくらなんでもひどい。藤本 香は爆乳でありPCにも詳しかった。店長は不安だ、まさか強烈なババ引きをさせれたのではないかと。

 信也はこう言った。もうすぐBoindows8が発売されるのだと。もう少しくらいはPCの事を勉強してもらわないと困ると。

 「はぁ? ここは学校と違うじゃん。PCなんかお金出して買えば終わりじゃん、店員だって買ってくださいと言うだけじゃん」と、非常に信じられないお言葉。どういう事だ、信也は激怒しそうになたのを我慢して彼女に質問した。

 君は何のためにoppai電化に勤めてPC売り場にいるんだ? 君は本当に接客は好きなのか? と、信也が問う。

 
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ