PC売り場の誘殺(爆乳店員、№1エース)
PC売り場の誘殺(爆乳店員、№1エース)
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/09/04
最終更新日:2012/09/04 14:11

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺(爆乳店員、№1エース) 第5章 PC5・食えない女
 「で、話とはなんです?」とある公園の中にある大きな木のテーブルを間にして、藤本香は向かいの小幡久美に問うた。

 ただ今昼休み。久美がここで一緒に昼ごはんを食べようと誘った。彼女は香に言いたい事がある。若干攻撃したいという気持ちもある。今日は言わせてもらおうと思っていた。

 サンドイッチを摘みながら、久美は切り出す。藤本さんは下品よと指摘。どうせその豊かなおっぱいを武器にして男性を誘惑して、それで成績を上げているんだよねと。最低よ! とか言って区切る。

 ここで少しだけ蔑んだ目を浮かべる。さぁどうだ、久美は目の前の香が泣いたら面白いなと少し意地悪な事も思った。というより彼女は、自分が論戦して負けるとは夢にも思わない自信家。

 えぇ!? 香は驚いてみせると、右手をその豊かな、位置で言えば谷間の辺りに当てて見せながらつぶやいた。

 「だってこれは生まれつきのモノ……戦争するためのモノじゃありませんよ。私、兵隊さんじゃないです。それにそんな言い方をするんだったら、小幡さんも結構なモノを持ってるから最低ですよね? 小幡さんって軍事評論家?」

 
9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ