PC売り場の誘殺(爆乳店員、№1エース)
PC売り場の誘殺(爆乳店員、№1エース)
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/09/04
最終更新日:2012/09/04 14:11

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺(爆乳店員、№1エース) 第4章 PC4・フレンドリーな香と男性客(接客打率は8割強)
 「えっとですねぇ……」香が話を始めると、男性は心地よい気分を味わいだす。彼女の可愛い顔と豊満なふくらみ具合を交互に見ながら、紳士という文字を忘れてしまっている。

 「まぁ、そうだね」男性は少しだけ香に教えてやるような満足感を味わった。これでOK、彼の脳みそは焼け焦げた。自分の方が女の子より上だと満足感を与える、それが男という生き物を楽しませ財布を緩ませる楽チン奥義。店員として当然心得ている。

 彼は香という女の子店員に、不思議なまでに心地よい感じを与えてもらって幸せそうだ。

 男性はPCを買う気になった。香と楽しく過ごしたいから、どれがいいかなぁと聞いたりする。愛すべき男になっている。

 香はツボを抑えているから、フレンドリーな自然体を崩さない中で的確に返す。お客さんはPCに詳しいはずだから、この辺りの性能でも使いこなせると思いますと伝えるのだ。それにより男性は購買意欲が本決まりの空間まで跳ね上げられ決断。

 「ありがとうございます。少々お待ち下さい」彼女は丁寧に一礼。男性が25万円のデスクトップを購入してくれると決まったからだ。

 香が男性客に応対すると、購入まで流しもっていける打率は実に8割超え。厳密に言えば84%ほど。これは尋常ではない成功率だから、彼女はスーパーマドンナと評価される。それは給料にも反映される。香は密かに高給取り、マドンナに見合う月給取り。
 香はデスクトップを男性に丁寧にお礼をして見送った。彼は店を出て行く前、記入した用紙をBOXに入れた。応対した店員、藤本香さんがとても丁寧で好感が持てましたと、名前を書いて5星を贈る。香は5星のエースストライカーだった。

 店長は嬉しい。香という女子の活躍ぶりが。そして妄想する、彼女と結婚できたら毎晩添い寝してもらって
8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ