PC売り場の誘殺(爆乳店員、№1エース)
PC売り場の誘殺(爆乳店員、№1エース)
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/09/04
最終更新日:2012/09/04 14:11

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺(爆乳店員、№1エース) 第4章 PC4・フレンドリーな香と男性客(接客打率は8割強)
 「どんなパソコンお探しですか?」そう述べて香はまたニコッと笑う。ショートヘアー似合う彼女は、小刻みに笑みを浮かべる事を極めた。大方の人間はこの笑顔が胸に入ってしまう。

 対する彼はこう返す。パソコンなんていうのは、所詮スペックが大切だよ。メーカーだろうが見た目だろうが、それはスペックと比較すれば大事な事ではないと、断言するように言った。

 「ぁ、お客さん詳しいんですねぇ」香は両手を合わせると楽しそうに笑顔で返した。これが相手の胸にキュンとなる、爆弾だ。

 香は、特に相手が男性客の場合、相手のプライドを包んで持ち上げる。それを破壊するような事はしない、そして客が少し気分よく己に酔える雰囲気を作る。香の笑顔と豊かで柔らかそうな胸、それが強烈な後押し。夢のような何とやら。

 よって面白い事が起こる。男性は本来、店員にあれこれ質問されて話をするのが嫌いな人だった。うざったいと思う人だった。それが今、香と話がしたくてたまらない。。

 そこで彼は、好感度の高い香につぶやく。これは香という女子店員が、どれくらいPCに詳しいのかと探ってみたい気持ちもあっての事。萌えてみたい下心もあり。

 「CPUがさ、1から7までグレードがあるって面倒だよね。大体どのくらいがいいと思う?」

 質問した彼は本当は知っている。一般ユーザーは5か6、一般でも若干ヘビーユーザーな自分は7辺りが無難だと。一方の香、ここも腕の見せ所だ。彼女は男性の場合は、相手の雰囲気を読み取ってから自分のキャラを少しだけ変える。

 目の前にいる男性は、少しPCに自信を持っているタイプ。そして楽しい時間を欲しがる人、よって相手の女性が自分よりしっかり者だと嫌がるだろう、そう見取った。よって香、知識はあるが若干頼りない女の子を演じて男性のハートを抑え込むのだ。

 
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ