PC売り場の誘殺(爆乳店員、№1エース)
PC売り場の誘殺(爆乳店員、№1エース)
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/09/04
最終更新日:2012/09/04 14:11

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺(爆乳店員、№1エース) 第6章 PC6・掴めない女・店長の切ない恋焦がれ
 午後の2時、ちょっとお暇な時間。のんびりと店内を歩く香に、さりげなく話しかけて歩み寄る店長の中井信也。彼は香の顔もムッチリ健康ボティーでIカップなふくらみも全部好み。

 そこまで揃って一人身で彼女もいないのだ。彼がどれだけ胸が焦がれるかは言うまでもない。

 今日はいい天気だねぇと、まるで年寄りくさい事を述べて香の側に立つ。ドキドキする。その豊かな胸をチラッと見ては目線をずらす。一度デートに誘ってみたいと思いながら数ヶ月、彼の気持ちは苦しいばかりだ。誰か彼に助言でもしてやって欲しい。

 彼は受け答えする香の胸を何回も見る。触ってみたい、それもまた切ない感じが色濃く浮かぶ。

 ここで香と目が合った。驚いた店長は慌てて目を逸らすのだが、胸ばかり見ていた自分を責められると思って言い訳。店長という役職柄、言い訳は極めている。言い訳ばかりの人生だから。

 「べ、別に胸なんか見てない。大きいおっぱいだなとか思って見つめたりするほど失礼な男じゃないよ僕は」と。さらには、大きなおっぱいはそんなに好きじゃないとか付け足した。
11
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ