PC売り場の誘殺(爆乳店員、№1エース)
PC売り場の誘殺(爆乳店員、№1エース)
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:etc

公開開始日:2012/09/04
最終更新日:2012/09/04 14:11

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
PC売り場の誘殺(爆乳店員、№1エース) 第5章 PC5・食えない女
 サンドイッチを置くと、小幡久美は赤い顔をして滅多に吸わないタバコを取り出す。そして火をつけながら、なぜ藤本さんはそんな言い方が出来るわけ? とイライラした顔。たまらずつぶやいた、人をバカにしてるでしょう? と。

 「えぇ? バカなんて表現は使ってないですよ? 今の会話、巻き戻して、早く。気になるから早く聞きたい」

 こいつ! タバコを吸いながら久美は言い返した。もしかするとあなたは、頭の悪い感じを自分で演じてるんじゃないの? と。そういう感じは止めなさいよと指摘。見ていてムカつくのよと本音も。

 あんまり怒ると美容に悪いですよ? と、サンドイッチをほうばっている香の屈託の無い笑顔。無邪気、純粋、そして健康体な魅力。まるで怒っている小幡久美が不健全な女といわんばかり。

 それよそれ! 久美は真っ赤な顔でタバコを右手に左手で香を指差した。言わずにいられない。

 「あなたみたいにIカップとか、そんなボインなくせに何を無邪気で可愛い感じ。爆乳なんだから無邪気とか止めなさいよ!」と、怒り心頭。すると香は赤い顔をして返した。ボインって言い方は、古臭いし恥ずかしいから止めてくださいと。
10
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ