ハッピータイム舞
ハッピータイム舞
成人向
発行者:jun( ̄ー ̄)ノ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ホラー・オカルト
シリーズ:ホラー

公開開始日:2012/09/02
最終更新日:2012/09/02 18:58

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ハッピータイム舞 第1章 Happy time
        ハッピー午後10時

 正太は舞にズボンを脱がされてしまった。そしてパンツも下ろされる。でも勃起するようにという指示を受けても体は言う事を聞かない。舞が裸になっていく姿を見て勃起など出来なかった。というより恐怖なのだから無理難題。

 少年は体を縛られたまま、這いずるようにして逃げようと動き出す。その行為が、女を怒らせたらしい。彼女は少年の背中を踏みつけると、手にはノコギリを持っている。それを少年の片腕に向け始めた。仕事の始まりだ。

 「芋虫におなり!」と、27歳の女子が冷淡な声を上げて開始する。夜中の仕事は凄惨。

 「あぁぁぁぁぁぁ!!!」

 この場に地獄の叫び声という絶叫が起こる。少年は心臓が停止するかと思いながら両目をうつろにした。女が自分の片腕を切断し始めたからだ。ギコギコと容赦なくノコギリの刃物が少年の足を切り落としていく。肉が切られ赤い血が床に海を発生させていた。かなり酷い光景ではないだろうか。

 片腕が切り落とされ少年が泣き叫ぶ。必死になって這いずろうとすれば、床には血の線が描かれる。そして女は、残りのもう片方の腕も切断し始める。肉を切り骨を砕くようにして切って行くと、正太は心臓発作の手前で耐えている。

 両腕が切り落とされた正太。その顔は想像を絶する痛みで死の直前を思わせる。腕がない、両方無い。想像を超えた痛みに心臓発作が起こってしまった。だがそれでも、まるで芋虫のようなフォルムになった小学生の少年は必死になって這いずる。 
      
3
最初 前へ 12345 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ