天使と悪魔
天使と悪魔
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー

公開開始日:2012/08/07
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
天使と悪魔 第1章 1
 異世界『グラファット』。この世界には、3つの種族が存在する。人間、魔族、天族の3つだ。人間は魔族を恐れ、天族を崇拝する。魔族は天族を恐れ、人間を見下す。天族は人間を慈愛し、魔族を監視していた。そうして、世界のバランスは辛うじて保っていた。

「おじ様、何か仕事無い?」
 酒場に現れたのは、背中から純白の翼を生やした少女だ。幼い顔、翡翠の瞳、水色をしたセミロングの髪、平均よりも低めの身長。どれを取っても場違いである。
 彼女が酒場を訪れた理由は1つ。この世界で酒場は、クエストの受注なども行っているのである。少女はこの世界でも珍しい天族の冒険者であった。天族とは、俗に言う天使の事だ。聖天使、大天使などの階級があり、階級によって翼の大きさや、色、形が異なる。階級は下から天使、大天使、権天使と続いていき、全てで9種類ある。彼女は力天使。5番目の階級だ。それゆえに、彼女の翼は自身の身長と同じくらいの大きさである。
 少女に気付いた酒場のマスターが豪快な笑みを浮かべ、少女を歓迎する。持っていたロックグラスをカウンターに置き、クエストボードを足元から取り出す。クエストボードには11枚の紙が、様々な色の画鋲で1枚1枚貼り付けてあった。紙には赤字でアルファベットが書かれている。これがクエストのランクだ。クエストのランクは酒場のマスターによって決められる。今は、Sが2枚、Aが5枚、Bが3枚、Cが1枚。Sが最高ランクで、Cが最低ランクだ。ランクによって当然報酬も変わってくるが、AとSのクエストを受けるには特別な資格がいる。
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ