ひみつ/はじまり
ひみつ/はじまり
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2012/08/06
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ひみつ/はじまり 第4章 はじまり その1
 仕事に復帰して、君との再会がどのようなものになるか、君がどのように成長しているか、俺は期待と不安の入り交じった心境でその日を迎えたんだ。
 たかだか三ヶ月で、君はけっこう大きくなったように見えた。実際成長しているし、経過を僕は見ていないわけだから、「目に見えて」成長がわかる。でも醸し出すどこかさびしげな雰囲気はそのままで、相変わらず僕にとっては魅力的だったよ。
 復帰後初の授業、君の教室に出かける。何ごともなかったようでもあるが、君はよそよそしい。あの出来事の直後に君と別れたから、その前と君の態度が変わるのは当然なんだろうけど。とにかく君の気持ちが知りたかった。でも、二人きりで会話する機会すら、なかなか得られなかったんだ。君は僕を避けているみたいだった。他の子といるときは、ちょっと生意気に憎まれ口も多くなったとは言え、やっぱり親しみはこめられているように感じた。完全に離れていきたいなら、ちょっかいやからかいの言葉をかけるはずがないじゃないか。ところが、体を触ると強く反発するし、二人きりにならないように、僕を避けているのが次第にはっきりしてきた。
 僕は動揺していた。別に君とこれっきりになることは構わない。あの経験は僕にとっては貴重なものだし、普通、僕のような嗜好の者が一生願ってもかなわない経験なんだ。だが、君の中であのことがどう消化されているのか、気になって仕方がない。一方、少しは望みがあるかに思わせる君の態度は、僕を戸惑わせずには置かないんだ。
8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ