ひみつ/はじまり
ひみつ/はじまり
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2012/08/06
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
ひみつ/はじまり 第2章 ひみつ その1
 僕は顔を洗って、君の来るのを待った。君は間もなく、一つ年下の友人と、小さな弟を連れてやって来た。君の家にはほとんど親が居ないから、弟の世話から何から、いつもがんばっているんだよね。
 僕の住宅には一階にテレビがあって、二階にパソコンがある。テレビには君が持ってきたゲーム機をつないで、上では僕がパソコンを使ってインターネットなどを体験させてあげる。
 そのうち、僕は君をひざの上に乗せてパソコンに向かい、何とか言うタレントのサイトを君が検索するのを手伝っていた。僕はいつもしてるみたいに、君の体を盛んに触った。もちろん服の上から、冗談ですむ程度に。でも、性器のところへ手をやると、君はやんわりとその手を払いのけたね。抱いてやること自体は普段から問題ない。ここらの田舎の子は感覚が幼いし、今人目はないし。
 君はしばらくして、机の上から僕のケイタイを見つけだした。たまたま、君が持たされているケイタイと、同じ機種だったんだ。「着メロダウンロードしていい?」「うん、いいよ」。いつしか僕と君は二階に二人きりで、君は部屋のまん中にどっしりと据えられた、通販で買ったトレーニングマシンのベンチにまたがっていた。僕は、君の後ろにぴったりはりついて、君がケイタイに夢中になっているのをいいことに、体を触りまくっていた。思いきって股間に手を伸ばすと、ペニスの感触があった。六年生にしては小さくてかわいいペニスだ。しかも君は拒絶しない!
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ