恋のはじまりは青空のように
恋のはじまりは青空のように
完結アフィリエイトOK
発行者:りよっち
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/07/25
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
恋のはじまりは青空のように 第1章 小さな恋のはじまり
放課後は時々、

ここで二人で過ごしていた。




だけど、

私の受験で忙しくなってからは、

先生とは廊下ですれ違うだけだった。



進路も決まって、

ようやく時間が出来たと思ったら、



今度は先生が会議、会議の連続。


今日まで2ヶ月以上も会うことが

出来なくなっていた。



今日こそは

どんなに遅くなっても、

先生に会いたいと思ったのだ。




だから、

こうして言われてもないのに待っている。

先生の驚く顔が見たいってのも



あって、私が待っていることは

先生には内緒にしている。




『今日も遅いのかなぁ・・・』


私は机に突っ伏して、目を閉じた。




先生に初めて会ったのは、


私が1年生の時。




入学式の日だった。

あの時は

名前を聞く余裕もなかったな。



風のような出来事だったし。



そして、

色んな事があった。


色々あったけど、

今に思えば笑っちゃうような

事ばかりだった。




私はウトウトしながら、

先生と出会った頃の事を思い返していた。




今思い出しても


泣いちゃいそうになった思い出、


顔が真っ赤になるような思い出・・・
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ