STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第7章 6
 右手を前から股の間に突っ込み、尻の谷間に二本の指を押し込んで、下側からたどってアナルにたどり着く。私がしてやったようにアナルの襞を押したりこすったりすると、時には痛みがあるようだった。幸一はふっと息を吐くと中指をアナルに押し込んだ。淫らな図が間近にあった。私は指を出し入れするよう指示し、幸一は言われた通りにした。痛そうなそぶりはないが、おっかなびっくりな感じだ。私はたっぷりとローションをまぶした手指で、幸一の勃起した性器を握り、亀頭をくりくりとつまんで弄び、胸をさすり、乳首の周辺を痛くない程度につまんでやる。ぬるぬるの指を立て、わきの下から腰や、太ももの内側など、引っかくように刺激した。腰をつかみ、腹部を手のひらで押す。幸一の額から頬に汗が流れ、私のからだに落ちる。幸一は命ずるまでもなく指を二本に増やした。私がこの後挿入することを幸一はわかっている。だから自分の小さな手指でもしっかりとアナルを拡張しようと、入れた指をチョキに開いたりしている。淫らであり、健気だった。私は左手も使うといいと「アドバイス」した。幸一の左手にローションを流してやる。幸一はそれを指になじませ、背中から左手を回し、右手の二本指に加えて中指をアナルに押し込んだ。少し痛みがあったのか、幸一の表情が歪んだが、幸一は慣らしをやめず、押し込んだ中指を動かしているようだった。「あ……あ……」幸一は声を上げ、身を捩り頭を振る。自らの指の刺激に身もだえる。私は幸一のペニスの、亀頭の敏感なところをぎゅっと押し、さらなる快感を与える……

 だがここで頂点まではいかせない。その寸前で止められていればベストだ。私は手を止め、幸一の,ペニスからも手をはなし、両手で幸一の腰をぽんと叩いた。幸一も手の動きを止める。
「さあ、もういいだろう。おじさんのを自分で、お尻の中に入れるんだ。おじさんのちんちんの先を、お尻の穴に合わせたら、ゆっくりしゃがむんだよ。そうすれば入っていくから」
 と私は穏やかな口調で説明した。
99
最初 前へ 96979899100101102 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ