STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第7章 6
 幸一にもローションを渡した。幸一は両手にそれをたくさん取り、私のペニスをぬるぬるにする。最初に冷たさ、幸一の幼い指がからむ快感。幸一は私のモノをしっかり握り、上下にこする。亀頭からカリの部分にかけても、きゅっと握ったりこすったり、工夫して刺激を与えてくれる。直接的な快とともに、その幸一の献身的な奉仕が、私を嵩ぶらせた。私も幸一のモノをなめる舌の動きをいっそう激しくさせる。荒い息を鼻から漏らした。私は唇をすぼめ幸一の性器を吸いこむ。唇と幸一のモノとの間からじゅるじゅると音がする。幸一の腰が動き、私に性器をいっそう押しつけてきた。

 幸一は汗が流れるほど懸命に私のモノをこすり、握り、揉んだ。イカせいようとしていたのかもしれない。だが私は行為を中断させ、幸一を自分の方に向かせて、胸のあたりにまたがらせた。
 私はローションを幸一の両手にいっぱい流し、指を「お尻の穴」に入れるように言った。幸一は頬を紅潮させ、恥ずかしそうにしていたがやがて腰を少し上げた。
98
最初 前へ 9596979899100101 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ