STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第7章 6
 少しだけ休んだあと、私はまた仰向けに寝転び、幸一を乗っからせてペニスをなめさせた。今度はきれいにするためではなく、快感を得るためだ。私はその間幸一の性器や尻、腹部を揉んだりこすったりして、快感を与えてやった。アナルがぱくぱくと開くと、襞は常に湿潤していて、私の精液やローションはまだ体内に吸収されることなく、直腸内にたまって、浸みだしてきているようだった。
 私は幸一の足を引っぱり、彼の元気になった性器をくわえ、なめてやった。すぐに戻ってしまう包皮を、舌で器用に剥き上げ、亀頭の上側、彼の快感のスポットを中心に、舌で刺激してやった。もう舌の表のざらざらが、亀頭に触れても痛みはないようだ。子供は順応性が高い。私が幸一のモノを深くくわえている間は、幸一は口が届かないので、手で私のモノを揉んだりこすったりする。腹部に舌を這わせたりもした。悪くない。私は幸一の尻の肉に、きゅっと指を食い込ませた。
95
最初 前へ 92939495969798 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ