STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第6章 5
「僕のお父さんとお母さんは、どうして僕を子供にしたのかな」
 幸一はふとそんなことを呟いた。私は口元を引きしめ笑みを消した。
 もちろん確信はないが、大人である私には、あの二人を観察し、幸一と話し、おおむねこうでないかという想像はできる。
「本当のところは、二人に訊いてみないとわからないが、想像はつくよ。大人は、最初からお金持ちじゃない限り、仕事してお金を稼がないと生きていけない。会社っていう組織で仕事する人が、日本では働く大人の八割くらいだろうね。それで会社によってはね、それなりの歳になったら、結婚し、子供を作って、『家庭』っていうものを守って育ててこそ仕事もしっかりできる、みたいな空気があるんだよ。特に男の人にはそういう要求があるんだ。バカバカしいし、だいぶ変わってはきたけどね。だからたぶん、幸一のお父さんとお母さんは、互いに好きでもないのに結婚し、形だけの夫婦になった。本音では結婚なんかしたくない人同士が、時々そういうことをするんだ。片方だけだと、片方をだますことになってしまうから」
 幸一は私の説明を丸ごと信じているように見えた。だがこれは一つの仮説に過ぎない。
「好きでもない同士でもちろんセックスもしないし、子供ができるはずがない。だから子供も必要になった場合、養子を探すかもしれない」
「ようし?」
「他人の子を、自分達の子にすることだ。育てる人のいない子は幸一だけじゃなく世の中にたくさんいる。それ以外にもいろいろな事情で、他人の養子になる人がいるよ」
93
最初 前へ 90919293949596 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ