STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第6章 5
 幸一の両肩は私が強くロックしているが、前には逃げられないだけで上下には動かせる。上半身がぺしゃっとつぶれたり、また戻って腕をぴんと伸ばし背中を反らせたり。強過ぎる刺激に幸一は身を捩らずにいられない。「ああ、ああ!」高い叫びのような声を漏らす。私は小刻みな動きから大きな強い動きに切り替えた。亀頭がこぼれる寸前まで腰を引き、腰を幸一の臀部に叩きつけるように押し込む。根本まで入らないはずのペニスをねじ込む。その時の締めつけ、熱さ、震え。私は快楽のピークの訪れを感じた。幸一は掠れた高い大きな声で何か意味不明の言葉を叫んだ。誰かの名だったかもしれない。その時の強い締めつけで私は達した。どくどくと精が幸一の直腸を満たした。幸一は脱力し、私の腰の押す力にそのままベッドにべしゃっと崩れ、私のからだの下になった。私が荒い息を吐き、彼のからだを解放しても彼はうつぶせのままで、ちょっとドキッとしたがゆっくりと寝息のような呼吸をしていたので私は安堵した。幸一は失神してしまったのだ。
86
最初 前へ 83848586878889 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ