STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第6章 5
 幸一は上半身を揺らして大きな呼吸をしていた。額や背には汗が流れていた。私は力の抜けた幸一のわきに手を回し、持ち上げて再度四つん這いにさせた。「さあいくよ」と未だぼんやりとした感じの幸一に言い、腰に手を添え、私の勃起したペニスの先を幸一のアナルに押し当てた。幸一に緊張や恐れはないように感じとれた。ある意味全ての感覚が鈍磨し、ある意味では全身が鋭敏に感じるセンシティブな状態にある。それが今の幸一だろうと思う。

 私はためらいなく亀頭の部分を幸一のアナルにぐいと押し込んだ。「ん」と短い声が漏れ、一瞬下半身に緊張が走った。このくらいで裂傷を起こしたりはしないほど幸一のアナルは柔らかく拡がっているのはわかっている。
 さらに腰を進め怒張したペニスを押し込む。全方位からの吸いつき、加えて体温を上回る熱いほどの狭い空間。私は快感に身震いする。私は腰を使う。反り上がったペニスが、直腸の内壁の、前立腺があるであろうかたい感触のあたりを、こする。幸一はきゅっと背中を反らせ、反応した。私は幸一に覆いかぶさり、肩を両手で押さえた。腰を激しく使っても、幸一のからだが逃げないようにだ。腰を振る。ペニスを出し入れする。にち、にち、とローションのおかげで淫猥な音が響く。私は足の幅を狭め腰を少し高くし、斜め上から幸一のアナルを突いた。直腸壁の腹部側をできるだけ狙う。ペニスは壁にぶつかるとすべって、さらに直腸の奥に押し込まれた。その時幸一はやや苦しげにうめく。だが通り道では快感に身を震わせた。私は腰の動きを速く、細かくした。「うう、ああ!」幸一は声を出し上半身を様々にひねった。
85
最初 前へ 82838485868788 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ