STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第6章 5
 中指の先端は腹部の側を向いて、直腸の内壁の少々かたい手応えの部分をこすっていた。幸一はまずぶるっとして、「あっ」と短い声を漏らし、腕の間から自分の性器を見た。私はそれももみ続けている。カウパー腺液は出続けているだろうが、それ以外の変化はない。小便が漏れたような気がしたのではないか。だとしたら私の指は前立腺にうまくヒットしたかもしれない。未だに私は、位置や触った感触のみで「ここが前立腺だ」と断定はできない。私は医者じゃないが、これはたぶん相当個人差が大きいのだろうと思う。だが腹部側の直腸壁に近いところにあるのは、男性に共通しているはずではある。
「んん、ああ! おじさん、おじさん……」
 幸一は頭を上げて、首を後ろにひねって、高い声を出して何か私に訴えようとしているが、続きが言葉にならない。
「どうした? 痛いか」
 私は幸一に訊く。幸一は首を戻し左右に振った。
「んん、漏れそう! 何か漏れそう! おじさん」
 たぶん私の指は前立腺にヒットした。していなくても幸一が感じていることに違いはない。
「本当に漏れそうなら、ベッドに漏らしちゃっていいぞ。おじさん怒らないよ。どうだ、ここは」
 私は嵩ぶりに震えた、少し大きな声で幸一に言うと、直腸内壁を押す指に力を込め、さらに激しく左右にこすった。実際、アナルへの刺激で快感のあまり小便を漏らすケースもあると聞く。後始末には困るが、一度それならそれで見てみたい。私は性器への刺激も強めた。幸一はアナルとペニスへの同時の、激しい刺激に身を捩り反応した。「あ、ううっ!」っと高い掠れた声で叫び、ぶるぶるとからだを震わせ、腕を曲げ上半身をぺしゃんこにした。幸一は頂点を迎え、そして快楽の波が引いていくのを待っている。私はそんな幸一のようすを見て、アナルとペニスを攻める手指をゆるめ、やがて止めた。幸一は鈍い疲労と、眠気と、夢のような多幸感にひたっているように見えた。頂点を迎えた余韻だ。次は私の番だ幸一。
84
最初 前へ 81828384858687 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ