STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第6章 5
 根本まで押し込んだ指を、私は曲げたり伸ばしたり、ぐるりと回したりして直腸の壁を様々に刺激してやった。時にはけっこう強く。痛がることはない。私は一方で左手によるペニスの愛撫も続けていた。延々と、亀頭を中心とした強い刺激を与え続けた。息遣いとかすかな声で、私は幸一が達するのではないかと判断し、いったんペニスを解放し、ローションを手に継ぎ足したり、その手で大きく動く柔らかな腹部の肉をつかんだり揉んだりした。そしてまた性器をつまみ、かたくなったそれを手のひらで腹部に押しつける。
 一度アナルから指を抜いて、人差し指を中指に添え二本にして、再度ぐっと押し込む。ローションもたっぷりだし、二度目だ。それほど苦痛はなさそうである。ただやり過ぎれば腫れてきて、また痛みを生ずるだろう。何しろ肛門というのは元々こういう使い方をする器官ではない。
 アナルの奥深く沈めた指は、まっすぐに奥の行き止まりまでは届かない。もっと入り口の近く、今は幸一の腹部側の腸壁を、ぎゅっぎゅっと、押したり指の腹でこすったり、いろいろと位置を変え、幸一の様子を窺いながら続ける。左手では性器をこりこりと指で転がし、揉んだり、柔らかな腹部に押しつける。亀頭の先の上側に、幸一は一番感じるようで、そこを強く押されたりこすられたりすると「あっ」と高い声を上げて肘を曲げからだをひねり、激しく反応した。私はその淫らな反応に満足しながらも、そこばかりの刺激は続けない。未精通の彼は何度でも達することができるだろうが、短時間に繰り返せば達することへの満足感が減じるだろう。だから私は加減して簡単に達しないよう、幸一を攻める。
83
最初 前へ 80818283848586 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ