STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第6章 5
 さすがに幸一はべそをかくように表情を歪ませた。先ほどのアナルセックスでは相当な痛みもあったようだから、それは抵抗もあるだろう。でも私も、次は最初よりも快感が勝るように導いてやるつもりだった。今日も夜は長いし、今日だけで終わる気もない。幸一にはアナルセックスの味もしっかり覚えてほしい。
 幸一はのろのろと、ベッドの上で四つん這いになった。私は力任せの強要はしていない。でも実質は私の思うがままの道を、幸一は選ばされている。逃げようと思えば逃げられる、断ろうと思えば断れる、そういう状況で幸一に「選ばせる」ことが肝心なのだ。

 私は幸一の後ろに廻り、膝立ちになった。幸一は手をついた間に頭を入れ、股の間からこちらを見ている。私はまたローションを左手にたっぷりとり、幸一のペニスを陰嚢ごと握りこんだ。いったん戻った幸一のモノの包皮を、ぬるぬるの指でまた剥きあげる。幸一のものはすぐに反応してむくむくと大きくなった。あるいは、触られる前から反応していた。
 私はかたくなった幸一のペニスを指で挟み、押しつぶすようにしたりこすったりした。幸一は肘を折り曲げてからだをぐにゃぐにゃとさせ、激しく喘いで反応した。
 ペニスへの刺激を休むことなく、右手で、幸一の双丘の谷間にローションを流した。幸一は冷たさに反応してか「ひ」と声を出しからだを震わせた。流したローションを上から下、下から上と指で塗り拡げる。もちろん通過するアナルの襞に丁寧に擦り込む。そして右手の中指をゆっくりと挿入していく。幸一は少しからだをかたくしたが、苦痛は感じさせない。実は子供の方がこういうのに慣れるのは早いのではないかと私は思う。まああらゆる年齢層とセックスした経験があるわけではないから何とも言えない。ただ幼いから、未熟だから無理ということはない。幸一はまだ精通すら迎えていないのだ。
82
最初 前へ 79808182838485 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ