STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第6章 5
 幸一は口を開けて舌を出し、私のどろどろに精液の絡んだペニスをなめた。舌先で粘液をすくい取り、口の中に送り込んだ。それをまた、喉を鳴らして唾液とともに飲み込む。私の萎えかけたペニスを幸一が手で絞ると、濡れた鈴口からはまだ精液が湧いてきた。幸一はそれもきれいになめ取る。私はペニスの隅々をきれいにさせるため、腰を動かしていろいろな向きで幸一の口にペニスを押しつけた。幸一は自らも遺漏のないよう気を遣って、徹底的に私のモノをきれいになめ上げた。性器の根本あたりをなめた際は陰毛が口に入り、それだけは不快そうに指で舌から取り、ベッドのシーツにこすりつけた。

 もうここまででも淫らで従順な性奴みたいなものだ。素晴らしいよ幸一。
 私は幸一をまたいでベッドに腰かけ、後を向いて彼を見て、
「じゃあ次は見えない格好でやろう。犬みたいに四つん這いになってごらん」
 とうきうきした口調で言った。

  †
81
最初 前へ 78798081828384 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ