STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第6章 5
 私は「おお」と声を漏らし、歯を出して、背中をのけ反らせた。
「幸一、気持ちいいぞ、もうイキそうだ。お前の中に出すぞ」と、私は激しく腰を使いながら震える声で言った。幸一は両足を手で抱え直し、私がイクのを待ち構える。健気だ。
「幸一、お尻に力を入れておじさんのを締めつけろ」と私はなおも激しくペニスを出し入れしながら幸一に命じた。幸一には寸時のためらいがあった。痛みが増すと思ったのだろう。その通りかもしれない。だが幸一はすぐに決断し、アナルに力を込めた。背骨を微電流が駆けのぼり、後頭部で快楽物質が爆発する。私は「いいぞ、そうだ……」と震える声で言い、ぐっと腰を引いた。亀頭がこぼれだすぎりぎりのところまで、ペニスを引き抜き、ぐいっと腰を突き出し、幸一の腰を引き寄せてどんとペニスを押し込んだ。根本まではいかないが、幸一の直腸の壁に突き当たる。幸一はのけ反って「ぐうっ」と声を漏らした。私は幸一の直腸内にどくどくと射精した。ぬるい粘液に幸一直腸内の私のペニスが包まれ、アナルの隙間からじわっと漏れ出した。私は幸一の腰をつかんでいた手をゆるめた。幸一の体内で私自身の精液に包まれた性器が縮んでいく。幸一がぞくぞくとからだを震わせた。それは私のペニスに、余韻といえる緩やかな快をもたらした。

79
最初 前へ 76777879808182 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ