STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第6章 5
 私は幸一の腰を両手でがっちり支えて、腰を振ってガチガチの大人の性器で少年の未熟なアナルを繰り返し繰り返し突いた。私は汗にまみれ、額から流れた汗が幸一の乾いたローションまみれの腹部にぽとりぽとりと滴った。
 幸一は両腕で顔を覆い続けていたが、涙は止まったようで腕の隙間から私の様子を見ているようだった。私が腰を突き出すたび、幸一の足は大きく揺れる。幸一は全身の力をなるべく抜こうとしている。腰から下は私が両手でがっちり支えているが、私が激しくアナルを突くたびに、全身が枕から持ち上がって位置がずれた。
 幸一は柔らかな肢体を捩りつつ、泣きながら私を制した時とは違う、ああ、うう、というような呻きを漏らした。多少は快感を得られるようになったのか、あるいは苦痛に慣れ感覚が鈍磨しているのか。
 私は正直ここまで遠慮なく激しく動くつもりはなかったが、今は幸一が初体験であることなど関係がないくらい、十二分に腰を使い温かく狭い少年のアナルをむさぼり、麻薬的快感の域を味わっていた。私は少し粘ってこの至福を長引かせたかったので、頂点の直前で何度か動きを止めた。からだは熱いのにぞくぞくした。動きを止めた私を腕の隙間から見る幸一は、私に何かを訴える。「やめないで」「もっとして」ではないだろう。そろそろ私にイッてほしいのだ。でも言葉ではっきり言わないと、私は都合のいい解釈をするよ幸一。
 
78
最初 前へ 75767778798081 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ